補聴器 ダイドウMENU
補聴器 ダイドウTOP
補聴器 補聴器について







 
 

耳かけ形補聴器や箱形補聴器などを使用するには、耳栓が必要になってきます。

耳栓を交換するだけで補聴器がガラリと変わってしまうほど重要な部品ですので、補聴器の調子が悪いと思う方は、是非参考にしてみて下さい。

ここでは耳栓の種類について説明したいと思います。

 
■一般的な耳栓 (箱形・耳かけ形使用可能)

耳かけ形補聴器を使用中の方で、上記のような耳栓を使用している方は、比較的聴力は良いと思ってよいでしょう。(軽度〜中程度の難聴)

しかし、昔は補聴器の調子が良かったが、近頃雑音が入る方はこの耳栓が合わなくなって「ハウリング」がおきてしまい、補聴器の性能が100%出ていない場合がありますので、耳栓の交換・点検が必要になってきます。

補聴器装用中、常時「ピィーピィー」音が聞こえてくるようでしたら、耳栓の交換が必要です。

ご自分では「ピィーピィー」音が聞こえない場合もありますので、ご家族の方に聞いてもらいチェックしてもらうと良いでしょう。


■特殊な耳栓 その1 (耳かけ形使用可能)

「エキスパン」
この耳栓の特長は、先端が丸くなっていて、耳の中で密着することにより、「ハウリング」を軽減することが出来ます。

この耳栓が耳に合えば、高度難聴者の方でも「ハウリング」なく補聴器を使用することが出来ます。


■特殊な耳栓 その2 (箱形・耳かけ形使用可能)

耳栓が細長くなっていることで、耳の穴が縦に(又は、横)に長い方に合うようになっています。

■特殊な耳栓 その3 (耳かけ形使用可能)

先端が特殊なスポンジで出来ている耳栓です。

先端のスポンジがゆっくりと元の形に戻ってくるので、スポンジをつぶし耳の中に入れて、元の形に戻ってくるとともに耳の中で密着して「ハウリング」を軽減する事が出来ます。

 
 
■イヤモールドとは?
イヤモールドとは、補聴器使用者の耳の形に合わせた専用の耳栓のことです。

中度(後半)・高度の難聴者が補聴器を装用するにあたり、ハウリングと言う問題が付いてまわります。このハウリングをとめる為にイヤモールドと言う、専用の耳栓を使用してもらいます。


■ハウリングとは?
拡声器・カラオケ等で、VOLを上げすぎると『ピィー』と言う音が聞こえた経験はありませんか?これがハウリングと言う現象です。

この現象は、スピーカから出た音がマイクに拾われることにより起きます。

補聴器においても同じ現象がおきる為、イヤモールドを使用しスピーカーから出た音がマイクに戻ることを防ぎます。


■イヤモールドは軽度の難聴者には必要ないの?
現在イヤモールドを使用していない方でも、イヤモールドを使用することにより『カサ型の耳栓(出来合いの耳栓)』に比べ、音の出口が鼓膜に近づきVOLを下げることが出来、耳にかかる負担を少なくすることが出来ると言われています。

(注・カサ型耳栓だけで十分な方も大勢います。)


■イヤモールドの種類は?
イヤモールドと一言に言っても『形』『材質』『聴力』『使用している補聴器の種類』等によって様々です。是非、補聴器販売店の方に聞いてみて下さい。
『カナル』

もっとも小型のモールドです。目立たず、良好な装用感が得られますが、抜け落ちるのを防ぐため、少し長めにする必要があります。

『ハーフシェル』

非常に小さく、良好な装用感が得られます。挿入も取り出しも簡単ですが、重度の難聴には適していません。

『シェル』

軽量かつ丈夫です。密閉度が高いのでハウリングが軽減されます。

『オープンモールド』

耳をふさぐことなくチューブだけを保持することが出来る、リング状のモールドです。
1,500Hzまでの聴力に異常のないユーザー、あるいはCROS補聴器に適しています。

『スケルトン』

抜け落ちにくく、非常に良好な装用感が得られます。

『レシーバ』

箱形補聴器に使用するためのモールドです。

 
 
 
 

3月3日は 耳の日
6月6日は 補聴器の日

株式会社ダイドウ 補聴器相談センター
■鶴見店 〒230-0062 横浜市鶴見区豊岡町18-24 イナホビル1階
 TEL 045-585-1033 FAX 045-585-1055
■日吉店 〒223-0062 横浜市港北区日吉本町1-3-18 甲南ビルA号室
 TEL 045-566-0833 FAX 045-566-0855
■西谷店 〒240-0045 横浜市保土ヶ谷区川島町1141-6
 TEL 045-371-0981 FAX 045-371-2993

 
Copyright (C) DAIDOH CO,LTD .All Rights Reserved.