補聴器 ダイドウMENU
補聴器 ダイドウTOP
補聴器 補聴器について







 
 
補聴器の音質がどうもよくない、音量が小さくなった…。
こんな症状は、日頃のお手入れしていただくことで多少なりとも防ぐことができます。

ここでは、ご自分でできる補聴器のお手入れ方法をご紹介いたします。


補聴器は水(汗)・衝撃に弱く壊れやすいものです。

 まったく日頃の手入れをしない場合は、2年もたたないうちに故障してしまうことがあります。しかし、日頃の手入れが良いと5年・6年と使用していても故障知らずの場合もよくありますので、ここでは補聴器の手入れの仕方について説明いたします。

 
■普段お手入れについて

補聴器は使用時つねに肌とふれあっている医療機器ですので、補聴器に付着した汚れ、ほこりなどは乾いた布で拭くか、ブラシ等で横に払うようにして、毎日掃除してください。

お休み前やご使用にならないときは電池を取り出し、電池ドアを十分に開いた状態で乾燥ケースに入れふたをしっかり閉めて保管してください。
補聴器への浸水は故障の原因となりますので、水がかからないように気をつけてください。
入浴・洗顔・化粧品や整髪料のご使用は、故障防止のために補聴器を外して行ってください。

夏場など多くの汗をかく場合はまめに補聴器を外し、タオル等で補聴器を拭くことをお勧めいたします。
冬場など耳かけ形補聴器の場合、結露によってチューブの中に水が溜まり音が出なくなるときがありますので、もし音が出なくなった場合は、チューブを外し息を吹き込んで、水をとばしてください。
■1年に1度は点検を!
1年に1度は販売店で補聴器の点検してもらうことをお勧めします。その際に箱形補聴器の場合は『コード・イヤホン・耳栓(イヤモールドは清掃)』の点検・交換、耳かけ形補聴器の場合は『フック・チューブ・耳栓(イヤモールドは清掃)』の点検・交換、耳あな形補聴器の場合は『耳垢の除去』をしてもらうことをお勧めします。
 
■もし補聴器が故障してしまった場合は?
補聴器を購入した販売店に相談してみることをお勧めいたします。

お近くに販売店がない場合は、当社にて各メーカーの補聴器修理見積を無料にて受け付けていますのでお気軽にお問い合わせください。
 
 
 
 

3月3日は 耳の日
6月6日は 補聴器の日

株式会社ダイドウ 補聴器相談センター
■鶴見店 〒230-0062 横浜市鶴見区豊岡町18-24 イナホビル1階
 TEL 045-585-1033 FAX 045-585-1055
■日吉店 〒223-0062 横浜市港北区日吉本町1-3-18 甲南ビルA号室
 TEL 045-566-0833 FAX 045-566-0855
■西谷店 〒240-0045 横浜市保土ヶ谷区川島町1141-6
 TEL 045-371-0981 FAX 045-371-2993

 
Copyright (C) DAIDOH CO,LTD .All Rights Reserved.