補聴器 ダイドウMENU
補聴器 ダイドウTOP
補聴器 補聴器について










上の表は、難聴者が補聴器を片耳のみに装用した場合と、両耳の耳に装用した場合とで、どの程度言葉を聞き取れる度合いが異なるのかを比較したものです。 数字(%)は、聞き取れる度合い(=明瞭度)を示しています。
 グラフを見てわかるように、静かな所より、さわがしいところで、より大きな違いが見られます。補聴器の両耳装用は、このように、背景に雑音が多い時や、大人数でのいろいろな方向からの話しかけに対して非常に効果があります。
 あなた(=難聴者)が「聞き取れなくて困る」と感じている状況を考えてみて下さい。1対1で向かい合って静かな家の中で会話をする時にはそれほどの不自由を感じないのでは?集会や講演会、あるいはレストランで食事をしながらの会話の時に「何か言っているのかはわかるけど、内容がはっきりわからない」と感じているのではありませんか?
 それなら、補聴器の両耳装用の効果にぜひ期待してみて下さい。 年齢と共に聴力が衰える「老人性難聴」は、ほとんどの場合、両方の耳に同時に同程度に起こります。補聴器の両耳装用は、多くの医師や専門家が推奨しています。
 
■比べて下さい両耳の効果
多分皆様の予想に反した事と思いますが、片耳は両耳の半分以下の機能しかありません。
また片耳だけを使い続けますと無視できない影響を毎日の生活に与えます。
片耳のみを働かせて聞く場合、片目でものを見るのと同様、可能ではありますが大変不都合です。
最近では一眼鏡を全く見かけません。両眼を使う効果が歴然としているためです。
片耳では3メートルの所でしか聞けない音も、両耳では12メートルまで離れても聞けると言われています。
両耳を使うと片耳に比べ、音量を少し下げて聞くことが出来るため、音楽にしろ会話音にしろ自然の良い音として聞き取れる。
強大音を両耳で受けると、片耳で受けるのに比べ、聴覚神経への衝撃が和らぎます。
 
 
 

3月3日は 耳の日
6月6日は 補聴器の日

株式会社ダイドウ 補聴器相談センター
■鶴見店 〒230-0062 横浜市鶴見区豊岡町18-24 イナホビル1階
 TEL 045-585-1033 FAX 045-585-1055
■日吉店 〒223-0062 横浜市港北区日吉本町1-3-18 甲南ビルA号室
 TEL 045-566-0833 FAX 045-566-0855
■西谷店 〒240-0045 横浜市保土ヶ谷区川島町1141-6
 TEL 045-371-0981 FAX 045-371-2993

 
Copyright (C) DAIDOH CO,LTD .All Rights Reserved.